AKG K142HD

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

世界中の録音現場で愛用されているAKG STUDIOシリーズがデザインを一新。アコースティック面の強化やパーツ素材の変更など数多くのブラッシュアップを施し、さらなる鮮明な解像度を獲得した。特徴である明瞭で正確な音質を支えるワイド&フラットな特性と合わせ、最新のデジタルソースが持つ圧倒的な情報量を忠実に再生する。磨き抜かれた再生能力と高い信頼性を兼ね備えた新世代のヘッドホン。

最新デジタルソースの持つ音の鮮明さ、迫力、広いダイナミックレンジを忠実に再生。クラスを超えた先進の音響性能と高い信頼性を備えたセミオープン型ヘッドホン。長時間の使用でも聴き疲れしない、バランスの良いクリアな音質と、安定した装着感を実現。セルフアジャスタ機構のヘッドバンド、ジンバル・サスペンション構造のハウジングなど、快適さを向上させるAKG独自の技術も採用している。

バリモーションシステム採用
ダイアフラムを、超低域から超高域まで再生する「サウンドゾーン」と、サウンドゾーンを囲んでその動きを支える「ムーブメントゾーン」の2つの部分によって構成し、それぞれの厚みを最適化する事で、ダイアフラムのよりスムーズな動作を実現。入力信号に忠実なワイドレンジ再生によって、鮮明で立体感に富んだサウンドを実現する。

XXLトランスデューサー採用
AKGスタジオモニターヘッドホンのために開発された「XXLトランスデューサー」は、AKG独自の「バリモーションシステム」との組み合わせにより真価を発揮する。低音のエネルギー感、正確でクリアな中高音を獲得し、どんな微少レベルの信号も正確に再生する。その音質のクォリティーの高さは、世界中のレコーディングスタジオにおいて高く評価されている。

高純度OFCケーブル採用
信号の伝送ロスや、歪みを抑える高純度のOFC(無酸素銅)ケーブルを採用。最新のデジタルオーディオサウンドの情報を余すところ無く伝送する。また、入力変換プラグ(φ3.5mm→φ6.3mm)を付属しているので様々なソース機器で使用できる。

快適な装着感
セルフアジャスト機能を搭載したヘッドバンド、及びジンバル・サスペンション構造を採用したハウジングは、安定した装着感を実現する。また、ベルベット調ソフトタイプのイヤパッドは長時間リスニングも楽に行える快適なフィット感が魅力。

タグ:

商品名:AKG K142HDのamazon販売価格は円です。